毛穴汚れ目安箱LB

  1. >
  2. 30代のキレイとは

30代のキレイとは

30代に入り、子供も幼稚園にはいったりと少し子育てが楽になった頃からスキンケアに興味をもつようになりました。

20代の頃はスキンケアよりメイクに興味があったので、シミはコンシーラーで隠し、アイシャドウも明るい色を使ったりと、華やかなメイクをしていましたが、30代にはいるとそのメイクでは逆に老けて見えることに気付き、メイクではなく根本から治すべく、今まで使ってた基礎化粧品のランクをあげたり、サプリメントでコラーゲンを摂取したり、現在では内側からのキレイを目指しています。

きれいなお肌のためには保湿が一番!

保湿が一番です!もうすぐ2歳の子どもの肌が弱く、ひどい肌荒れでしたが、病院の先生のすすめでとにかく保湿をしまくっています。すると、人に見せるのも嫌だった荒れた肌が、本来の赤ちゃんのモチモチ肌に戻ってきたのです。もちろん、赤ちゃんの肌はモチモチできめが細かいのは当然かもしれませんが、基本はやはり保湿だと実感しました。以前は、化粧水やクリーム、美容液などいろいろなものを使っていましたが、最近は1種類のみ。とにかく保湿に気をつけてお手入れしています。

健康な身体は美肌の素

スキンケアと言っていいのかわかりませんが日々気をつけている事は、まず日焼けしない、睡眠をしっかりとる、よく歩いて血行を良くする、顔を洗い過ぎない、野菜をたっぷり食べるという、どちらかと言うと身体に良い事をするのが結果美肌に繋がると感じるようになった40代、効果な化粧品を使って1個シミが消えたところで顔色が悪ければ老けて見られのならば、シミがあっても顔色良く健康でいた方が良いと気持ちを切り替えたところ、以前より若く見られる回数が増えた気がします。

↑ PAGE TOP